C型肝炎について|糖尿病の症状を知って早期発見を心がけるようにしよう

糖尿病の症状を知って早期発見を心がけるようにしよう

聴診器

C型肝炎について

看護師

炎症には様々な病状がありますが、感染した場合、70%の患者さんが感染状態を維持したまま、慢性肝炎や肝硬変、肝臓がんへ進行してしまう病気があります。それが、皆さんも良くテレビなどで一度は聞いたことがある「C型肝炎」という病気です。C型肝炎は血液を通して感染します。また、注射や刺青、ピアスの穴あけをする際に使う器具を使いまわして不衛生のままつかってしまうと、感染する恐れが出てきます。

C型肝炎には発症した際の自覚症状はありません。そのため、定期的にセルフチェックや感染していないか検査を行なうことが良いです。特に、ピアスの穴や刺青など適切な施設ではなく、自身で開けたりした場合などには、一度検査を行ないましょう。また、40代になって一度もC型肝炎の検査を受けたことが無い方は要チェックとなります。C型肝炎は感染してしまうと病状が更に悪化しやすい感染病です。悪化する前にしっかりとした検査を受けて早期発見、予防が大事になってきます。

C型肝炎の主な治療方法は2つあります。インターフェロン治療と肝庇護療法です。まず、インターフェロン治療法について、インターフェロンとはウィルスが体の中に侵入した際に生産されるタンパク質のことです。このタンパク質が人間に大切な免疫力を高め、炎症を調節してくれることでC型肝炎を治すことが出来るのです。この治療方法はいろいろな病気の治療方法としても使われています。主に白血病や腫瘍の治療に使われています。インターフェロン治療は免疫力を高めることが目的です。それにより肝炎ウイルスを排除することに繋がり、C型肝炎の完治に繋がるのです。次に、肝庇護療法ですが、これはインターフェロン治療の効果が出にくいウイルスに対して、排除を目的とせず、肝機能の正常化を図るための治療法です。グリチルリチン配合剤とウルソデオキシコール酸を使用して、肝機能を増強させることが目的です。