すい臓がん治療の向上|糖尿病の症状を知って早期発見を心がけるようにしよう

糖尿病の症状を知って早期発見を心がけるようにしよう

聴診器

すい臓がん治療の向上

診断

すい臓がんは最も生存率が低いとされているガンです。その理由の一つとして、進行の速さとは逆に発見が困難だということが挙げられます。早い段階からガン細胞は浸潤しやすく、転移を起こしやすいのです。確実にすい臓がんを治すためには摘出手術するしか方法が無いとされているのですが、実際に手術で治療を行えているのは2割程度と言われています。ガンでは治療をしてから5年間が勝負とされています。5年間の間に再発してしまうと、更に生存率は低下してしまうからです。すい臓がんの場合は発見された時点で大幅な進行が確認されるため、手術ではなく抗ガン剤や放射線治療が行われます。しかし、すい臓は身体の奥にある臓器のため、放射線治療をする上で他の臓器に影響なく照射することは困難を極めます。そのため、放射線治療医の経験と腕が非常に重要となるのです。

すい臓がんの治療では、放射線治療に加え抗ガン剤を併用した治療が行われます。近年は専門の施設を設ける病院も増えてきており、高度な治療を受けることができるようになっています。すい臓がんに放射線を照射する場合、他の臓器に悪影響を及ぼす可能性が高く、副作用を引き起こすリスクも同時に高まります。吐き気や嘔吐感に苛まれることも珍しいことではありません。すい臓がんは初期の自覚症状が無いことから、早期発見が非常に難しいとされています。早期発見はガン治療において生存率を上げる有効な手段とも言えるため、すい臓がんは生存率が低いと言われているのです。しかし、生存率が低いというだけで有効な治療は短いスパンで発表されています。再発の可能性を低くする抗ガン剤も登場しているため、近い将来、すい臓がんは生存率を向上させることができるものとなっていくでしょう。