胆のうがんの治療|糖尿病の症状を知って早期発見を心がけるようにしよう

糖尿病の症状を知って早期発見を心がけるようにしよう

聴診器

胆のうがんの治療

医者

胆のうがんは消化器系のガンとして知られています。胆のうとは肝臓と十二指腸を繋いでいる胆管部分に付いている臓器であり、袋のような形状の中には消化に必要となる胆汁が溜まっています。胆のうがんは胆のうと胆管に発生するガンのことを指しており、進行が進むことで周囲の臓器に浸潤してしまいます。初期の段階では症状が見られないガンであり、発見が遅れることも珍しくない病気と言えるでしょう。進行し、明らかに症状が悪化すると腹痛や黄疸、しこりを確認することができるようになります。腹痛では右側の上部に痛みが出ることが多く、背中にまで痛みが広がるケースも少なくはありません。黄疸の症状は分かりやすく、皮膚や白目が黄色くなってしまい、尿の色にも変化が現れてきます。濃い茶色の尿や白っぽい便は黄疸の症状の悪化を示しているため、早急に病院を受診しましょう。また、胆のうがんが肥大してしまうと腹部にしこりが確認できるようになります。進行がかなり進んでいるサインなので、治療を行ない進行を食い止めることが大切です。

胆のうがんの治療は手術が一般的です。発生した元のガン細胞を切除するだけでなく、転移したガン細胞も一緒に切除します。手術で摘出することができるガン細胞は全て切除するため、早期で発見できれば完治も望めるのです。手術にはある程度のリスクが生じてしまいますが、手術を行うことで生存率を上げることができる場合には有効だと判断されます。しかし、ガン細胞が広い範囲を覆ってしまっている場合や胆のう以外に進行してしまっている場合、手術で摘出するのは困難となることがあります。抗ガン剤や放射線治療によってガン細胞を死滅させていくという方法が取られることもあるのです。抗ガン剤や放射線治療には副作用が出てしまうことが多く、患者によっては症状も重症化してしまいます。しかし、近年では治療の精度も向上しており、ガン細胞を根治することは難しいことではなくなっているのです。